女性

分かって欲しいPMSという症状|辛い日を無くす方法

様々な健康効果があります

サプリ

抗酸化作用や血流改善作用

サポニンと呼ばれる成分を、聞いたことがある人は多いかもしれません。サポニンを多く含む植物性の食品には大豆やゴボウなどが挙げられます。サポニンがなぜ注目されているかといえば、強い抗酸化作用があるからです。その作用によってコレステロールや脂質の酸化が予防され、体のアンチエイジングや病気の予防が期待できます。最近ではサポニンが含まれている食品の中でも、ゴボウが注目されています。ゴボウを使ったゴボウ茶には、アンチエイジング効果があるとして女性を中心に人気となっています。またこれ以外にも血流改善効果も期待されています。血管を広げて血液の流れをスムーズにすることで、手足の冷えを改善する効果が期待されています。このように色々な健康効果があるサポニンに注目が集まっています。

大豆から摂れます

サポニンというと一番に思い浮かぶものが、大豆サポニンではないでしょうか。大豆食品は身近なものであり納豆や味噌、おからや豆乳などから気軽に摂取することができます。大豆サポニンには強い抗酸化作用あり、体内の脂質の酸化を抑制する効果があります。この作用によって、高脂血症や動脈硬化を予防することが期待できます。また大豆サポニンには傷ついた肝細胞を再生する働きもあるので、肝機能の改善にも有効です。そして最近の研究では、細胞の突然変異を抑制する作用があることが分かってきました。この作用はガン細胞の増殖を抑える働きにつながるとして、抗抗ガン作用を持つ成分として注目されています。またエイズウィルスの増殖も抑えるという研究報告もあります。このように、大豆サポニンの新しい可能性に注目です。